海外FX|テクニカル分析 demoとデイトレード

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

デモトレード

をするのは、ほぼ海外FXビギナーだと考えられがちですが、海外FXの上級者も率先してデモトレードを活用することがあると聞きます。例えば新たに考えついたトレード法のトライアルの為です。
大概の海外FX会社が仮想通貨を使った仮想売買(デモトレード)環境を用意しています。ほんとのお金を投入することなくトレード練習(デモトレード)ができるようになっているので、ファーストステップとして体験した方が良いでしょう。
テクニカル分析をする場合、やり方としては大きく類別して2種類あるのです。チャートに表記された内容を「人の目で分析する」というものと、「分析プログラムがひとりでに分析する」というものです。
スプレッドと呼ばれているものは、海外FX会社により大きく異なり、あなたが海外FXで利益を得るためには、いわゆる「買値と売値の差」が僅かであるほど得すると言えますので、これを考慮しつつ海外FX会社をセレクトすることが大切だと言えます。
購入時と売却時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社は言うまでもなく銀行においても異なる呼び名で取り入れています。しかも驚くかと思いますが、その手数料たるや海外FX会社の200倍程度というところがかなり見られます。

海外FX口座XMトレード

シストレに関しては、そのソフトウェアとそれをきっちりと実行させるパソコンがあまりにも高級品だった為、昔はほんの一部のお金を持っている投資家だけが実践していたとのことです。

デイトレード

で頑張ると言っても、「どんな時もショート・ロングをし利益を出そう」とは考えない方が良いでしょう。強引なトレードをして、思いとは正反対に資金を減らしてしまうようでは何のためのトレードかわかりません。
わずかな額の証拠金により高額なトレードが許されるレバレッジではありますが、思い描いている通りに値が進めば大きな収益が得られますが、その通りにならなかった場合は相当な赤字を被ることになります。
「デモトレードをやったところで、現実的な損害を被ることは皆無なので、精神的な経験を積むことができないと言わざるを得ない。」、「ご自分のお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験が積めることになるわけだ!」と言われることが多いです。
海外FXで使われるポジションというのは、それなりの証拠金を納付して、ユーロ/円などの通貨ペアを「ショートロング」することを指しています。ついでに言いますと、外貨預金にはポジションというコンセプトは存在しておりません。

私はほぼデイトレードで取り引きを繰り返して来きたのですが、ここ最近はより収益があがるスイングトレード手法で売買しております。
「ショート・ロング」に関しては、一切自動的に完結するシストレですが、システムの手直しは普段から行なうことが重要で、その為には相場観を心得ることが大事になってきます。
スイングトレードをやる場合の忠告として、PCの売買画面を見ていない時などに、突如として考えられないような暴落などがあった場合に対応できるように、予め手を打っておかないと、恐ろしいことになるかもしれません。
全く同じ1円の値幅だとしても、レバレッジ1倍でしたら1万円の損益になりますが、10倍の場合は10万円の損益になるというわけです。わかりやすく言うと「レバレッジが高倍率になるにつれ損失が齎される可能性も高まる」と言えるわけです。
デモトレードというのは、ネット上だけで使える通貨でトレードに挑むことを言います。30万円など、ご自分で決めた架空資金が入金されたデモ口座が作れるので、実際のトレードと同様の環境で練習可能です。

FXウェブサイト





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする