Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/billionaire87/www/fx-blog/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

海外FX|「デモトレードをやって儲けることができた」とおっしゃっても…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

海外FXアカウント登録の申し込みを済ませ、審査にパスすれば「ログイン用のIDとPW」が簡易書留などで郵送されてくるというのが一般的なフローですが、特定の海外FX会社はTELを介して「内容確認」をしています。
シストレと呼ばれるのは、人間の心情であるとか判断をオミットするための海外FX手法だと言えますが、そのルールをセットするのは人になりますから、そのルールがずっと有効に機能するわけではないので注意しましょう。
ほとんどの海外FX会社が仮想通貨を使用してのデモトレード(仮想売買)環境を用意しています。本当のお金を使うことなくデモトレード(トレード練習)ができますから、取り敢えずやってみるといいでしょう。
金利が高い通貨だけを選択して、そのまま保有することでスワップポイントを手にすることができるので、このスワップポイントだけを狙って海外FXに頑張っている人もかなり見られます。
デイトレードのウリと言うと、次の日に持ち越すことなくきっちりと全部のポジションを決済してしまうわけですから、結果が早いということだと考えられます。

「海外FX会社個々が提供するサービスの実態を把握する時間がそれほどない」というような方も少なくないでしょう。こういった方に利用して頂くために、それぞれのサービスで海外FX会社を比較してみました。
我が国と比べて、海外の銀行の金利が高いということから、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利です。
FX取引においては、「てこ」の原理と同じように少額の証拠金で、その額の何倍という取り引きが認められており、証拠金と現実の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と言うのです。
5000米ドルを買って保持している状態のことを、「5000米ドルのロングポジションを持っている!」と言います。当たり前ながらドル高へと為替が動いた時には、ショート決済をして利益をゲットしてください。
ショートロングする時の金額に差をつけるスプレッドは、FX会社は勿論銀行においても違う名称で設定されています。しかも驚くことに、その手数料というのが海外FX会社の190~200倍というところが結構存在します。

「デモトレードをやって儲けることができた」とおっしゃっても、リアルなリアルトレードで利益を得られるかは別問題です。デモトレードに関しては、正直申し上げてゲーム感覚になってしまいます。
デモトレードをスタートする時は、FXに欠かせない証拠金がデモ口座(仮想口座)に、希望された金額分仮想通貨として入金してもらえます。
為替の動きを予測する時に行なうのが、経済要素分析とテクニカル分析ですが、より大切だと指摘されているのは「チャートの動きを分析して、今後の為替の方向性を予測する」テクニカル分析だと言って間違いありません。
海外FXで収入を得たいなら、海外FX会社を比較することが必要不可欠で、その上でそれぞれに見合う会社を決めることが大切だと言えます。この海外FX会社を比較するという状況で外すことができないポイントなどをご説明しようと思います。
一般的には、本番のトレード環境とデモトレードの環境を対比した場合、本番トレード環境の方が「一度のトレードごとに1pips程利益が少なくなる」と理解していた方が間違いありません。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする