Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/billionaire87/www/fx-blog/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

海外FX|ポジションに関しましては…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

ショート値とロング値に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても別の名目で設定されているのです。しかもびっくりするでしょうが、その手数料たるや海外FX会社の200倍前後というところが結構存在します。
証拠金を振り込んで外貨をロング、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言うわけです。それとは反対のパターンで、保有し続けている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。
スプレッドという“手数料”は、その辺の金融商品を鑑みると、かなり破格だと言えるのです。正直言って、株式投資だと100万円以上の取り引きをしたら、1000円前後は売買手数料を払わなければなりません。
トレードの一手法として、「為替が上下いずれか一方向に変動する短時間に、少なくてもいいから利益をしっかり手にする」というのがスキャルピングというトレード法です。
チャートの時系列的値動きを分析して、買うタイミングと売るタイミングの判断をすることをテクニカル分析と呼ぶのですが、この分析ができるようになったら、買う時期と売る時期を外すようなことも減少すると思います。

スキャルピングと言われているものは、1回あたり1円以下という僅かばかりの利幅を追い求め、日に何度もという取引をして利益を積み上げる、一つの取り引き手法です。
全く同じ1円の変動であっても、レバレッジ1倍なら1万円の損益になりますが、10倍の時は10万円の損益になるわけです。わかりやすく言うと「レバレッジが高くなればなるほど損失が出る危険性も高まる」というわけなのです。
「海外FX会社が用意しているサービスの中身を比べる時間がない」と仰る方も多くいらっしゃるでしょう。この様な方の役に立つようにと、それぞれのサービスの中身で海外FX会社を比較し、ランキングの形でご紹介しております。
デモトレードの初期段階では、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想口座)に、希望された金額分仮想通貨として準備されることになります。
ポジションに関しましては、「ロングポジション」と「ショートポジション」の2つがありますが、このポジションと言いますのは、ロングまたはショートの取り引きをした後、決済することなくその状態を維持している注文のことを意味するのです。

それほど多額ではない証拠金により大きな「ショート・ロング」が許されるレバレッジですが、予測している通りに値が変化すれば然るべきリターンが齎されることになりますが、逆の場合はある程度の被害を食らうことになります。
シストレにおきましても、新たにショートロングする時に、証拠金余力が必要証拠金の額に達していない場合は、新たにトレードすることは認められません。
レバレッジと申しますのは、納入した証拠金を元手に、最高でその額の25倍の「ショート・ロング」が許されるという仕組みを言っています。一例をあげると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるとしますと、1000万円の取り引きができるというわけで
す。
テクニカル分析に関しては、基本としてローソク足を時間単位で配置したチャートを利用します。一見すると複雑そうですが、完璧に把握することができるようになると、本当に役に立ちます。
海外FXにおいて、海外通貨を日本円で買うと、それ相応のスワップポイントが付与されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う時は、当然のことながらスワップポイントを徴収されるというわけです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする