海外FX|買いと売りのポジションを同時に所有すると…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

デモトレードの初期段階では、FXにつきものの証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、希望された金額分仮想マネーとして入金されるわけです。
基本的には、本番トレード環境とデモトレード環境を対比した場合、本番のトレード環境の方が「一度のトレードあたり1pips程収益が減る」と心得ていた方が間違いないと思います。
スプレッドについては、海外FX会社毎に開きがあり、ご自身が海外FXで稼ぐためには、買いのレートと売りのレートの差がゼロに近ければ近いほど有利になりますから、そのポイントを頭に入れて海外FX会社を選択することが重要になります。
「デモトレードをやったところで、現実に損をすることがないので、メンタル上の経験を積むことができない!」、「ご自身のお金で売買してこそ、初めて経験が積めるというものだ!」とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。
昨今は、どの海外FX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが実質上の海外FX会社の利益なのです。

トレードの戦略として、「為替が上下いずれか一方向に振れる短い時間に、薄利でもいいから利益をちゃんと手にしよう」というのがスキャルピングというトレード法になります。
海外FXで大きく稼ぎたいと言うなら、海外FX会社を比較することが絶対で、その上で各々の考えに即した会社を1つに絞り込むことが肝要になってきます。この海外FX会社を比較するという状況で外すことができないポイントなどをご披露しようと思います。
スキャルピングをやる時は、数ティックという動きでも強欲を捨て利益を得るという考え方が大切だと思います。「もっと上伸する等とは想定しないこと」、「欲はなくすこと」が肝心だと言えます。
5000米ドルを買ってそのままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。無論ドル高へと為替が動いた時には、すかさず売り払って利益をゲットしてください。
海外FX取引を行なう上で考慮すべきスワップというのは、外貨預金でも付く「金利」と同様なものです。ただし丸っきり違う部分があり、スワップという「金利」については「受け取るばかりか徴収されることもある」のです。

スイングトレードのウリは、「常にパソコンの売買画面の前に居座ったままで、為替レートをチェックしなくて良い」というところだと思います。超多忙な人に最適なトレード方法だと思います。
海外FXに関しましては、「外貨を売る」という状態から取引を始めることもできるのですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」というふうに言います。
デモトレードと呼ばれているのは、仮の通貨でトレードの経験をすることを言います。300万円など、あなた自身で決定した架空の元手が入金されたデモ口座を開設することができ、実際のトレードと同様の環境で練習ができます。
シストレにつきましても、新たに「買い」を入れるという際に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額を満たしていない場合は、新たに注文を入れることは不可能です。
買いと売りのポジションを同時に所有すると、円高・円安のどちらに変動しても収益を出すことが可能だということですが、リスク管理のことを考えると、2倍心を配る必要があると言えます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする