Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/billionaire87/www/fx-blog/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

買いポジションと売りポジションを一緒に持つと…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

海外FXの取り引きは、「ポジションを建てて決済する」の反復だと言うことができます。単純なことのように思えるでしょうが、ポジションを建てるタイミングだったり決済をするタイミングは、物凄く難しいはずです。
証拠金を投入してどこかの国の通貨を購入し、そのままキープし続けている状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それとは逆パターンで、維持している通貨を決済することを「ポジションの解消」というふうに言います。
買いポジションと売りポジションを一緒に持つと、為替がどっちに変動しても利益を得ることが可能だということですが、リスク管理のことを考えますと、2倍気を遣うことが求められます。
原則的に、本番トレード環境とデモトレード環境を比べてみると、本番トレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピップス程収益が少なくなる」と考えていた方が間違いありません。
スプレッドと言われるのは外貨を売り買いする時の価格差のことで、FX会社の売り上げになる売買手数料とも捉えられるものですが、海外FX会社それぞれが独自にスプレッド幅を取り決めているわけです。

MT4は現在一番多くの方に有効活用されている海外FX自動売買ツールだということで、自動売買プログラムのタイプがさまざまあるのも特徴だと思います。
海外FXで言うところのポジションと申しますのは、所定の証拠金を入金して、カナダドル/円などの通貨ペアを売買することを意味するわけです。因みに、外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
デモトレードを実施するのは、概ね海外FXビビギナーだと言う方だと想定されると思いますが、海外FXの達人と言われる人もしばしばデモトレードを実施することがあるとのことです。例えば新しく考案したトレード手法の検証のためなどです。
FX取引をする場合は、「てこ」の原理と同様に僅かな額の証拠金で、その額の25倍までという取り引きができ、証拠金と事実上の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と称しているのです。
いつかは海外FXにチャレンジしようという人とか、海外FX会社を換えようかと迷っている人を対象に、国内の海外FX会社を比較し、各項目をレビューしております。是非参考にしてください。

テクニカル分析に関しては、基本的にはローソク足を時系列的に配置したチャートを活用することになります。見た感じ難解そうですが、100パーセント解読できるようになると、手放せなくなるはずです。
海外FXに関しては、「外貨を売る」ということから取引を始めることもよくあるのですが、このように外貨を保持することなく「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」となるのです。
デイトレードとは、丸々24時間ポジションをキープするというトレードを言うのではなく、実際はNY市場がクローズする前に決済を完了させるというトレードのことを指しています。
海外FX海外口座開設の申し込み手続きを終えて、審査でOKが出れば「ログイン用のIDとパスワード」が郵送にて送られてくるというのが一般的なフローですが、ごく一部の海外FX会社はTELを通じて「必要事項確認」を行なっています。
MT4につきましては、プレステとかファミコン等の機器と同じで、本体にプログラムされたソフトを挿入することで、初めて海外FX取り引きができるようになります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする